商品リスト

クレンジングジェル300ml
ピュアクリアソープ
120g/20g
優華 導入美容液 45ml
彩(SAI)化粧水 150ml
チェルCローション200ml
リセミルク(乳液)60ml
マルチジェル120g
チェルCクリーム30g
Miraiミライクリーム 50g
UVプロテクト 30ml
プリペアクリーム
120g/30g

店長おすすめ商品
※こちらの商品は既製品となります。
エクセレントラッシュ画像 エクセレントラッシュ 2.7ml
ドクターキッツCCプロテクトクリーム画像 ドクターキッツ
CCプロテクトクリーム30g
ドクターキッツUVブロックパウダープレミアムC画像 ドクターキッツ
UVブロックパウダー
プレミアムC
ビタミンC画像 ビタミンC
REYアースリングクリアスティック画像 REY アースリング
クリアスティック
REYアースリングプレススティック画像 REY アースリング
プレススティック
REYアースリングホワイトニングスティック画像 REY アースリング
ホワイトニングスティック

チェルCクリーム 30g

壊れやすいビタミンCをグリセリンと構成させ誘導化。
刺激の少ない保湿性にすぐれたクリーム。

「チェルCクリーム」は酸化によって壊れやすいビタミンCをグリセリンと構成させ誘導化することで安定性が高まり刺激の少ない保湿性にすぐれたクリームとなっています。
浸透に優れたビタミンC誘導体を10%と高配合しているため早めの効果も期待できます。
抗酸化作用・コラーゲン生成促進作用などのほか、抗菌作用もあるためニキビはもちろん、その他の肌トラブルにも有効で、なめらかで柔らかな肌に導きます。



 

テクスチャー

使用感

軽めでのびが良く肌へのべたつきがない保湿クリームです。
●肌タイプ:「ニキビ肌」
●年齢層:問わず

ご使用方法

 

お手入れの最後に適量を手に取りお顔になじませます。
朝、ご使用の場合はこのクリームのあとにしっかりUVケアも必要です。

ニキビの知識

ニキビはなぜできるのでしょう?



- ビタミンC誘導体とビタミンCの違い -

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCと似ていますが、異なるものです。
ビタミンCはお肌に吸収されにくいところがあるので、それをお肌に浸透しやすい形に改良したものが、ビタミンC誘導体です。ビタミンCは、安定性に欠け、酸化しやすい特徴があります。
たとえ、お肌に塗っても、お肌のバリア機能によって、ほとんど吸収されません。
一方、ビタミンC誘導体は、角質層への浸透力があり、お肌に吸収された後、酵素反応によってビタミンCに変化します。

- ビタミンC誘導体の特徴と効果 -

ビタミンC誘導体がお肌に浸透すると、メラニン色素の生成を抑制し、色素沈着を防いだり、すでにできてしまったシミやそばかすを薄くしたりすることができます。この美白効果の他にも、お肌のハリを保つコラーゲンを増やす働きもあります。このように、ビタミンC誘導体には優れた美肌効果が豊富にあります。
このビタミンCがニキビに良いといわれているのは、抗炎症作用と、皮脂分泌抑制作用にあります。
過剰な皮脂分泌で毛穴が詰まってしまってできたニキビも、ビタミンC誘導体を塗ることでよくなり、毛穴も引き締まります。

- ビタミンC誘導体の種類と特徴 -

ビタミンC誘導体には、水溶性・脂溶性・新型(両方を併せ持つ)があります。ビタミンC誘導体は皮膚に吸収されたあと、6~14時間という長い時間をかけて、酵素の助けを借りながら、徐々に本来のビタミンCへと戻っていきます。

水溶性ビタミンC誘導体 普通のビタミンCに比べて約8倍の浸透率、12時間もの持続性を持ちます。
メラニン生成抑制・メラニンの排泄・ターンオーバーの改善・皮脂分泌の正常化などの効果が期待でき、即効性もあります。ローションに使用されることが主で、リン酸アスコビルマグネシウムやリン酸アスコビルナトリウム等が代表的です。
脂溶性ビタミンC誘導体 クリームやジェルタイプでも使えるようにしたもので、水溶性より浸透率が良く、持続性も高くなります。普通のビタミンCと比較すると20~30倍の吸収性(水溶性の約3倍)、水溶性の倍の持続性となります。
水溶性は乾燥しやすいデメリットもある一方で、乾燥肌や敏感肌でも使いやすくなっています。ただし、即効性に関しては水溶性に劣ります。テトラヘキシルデカン酸アスコビル(VC-IP)等があります。
新型ビタミンC誘導体
(アプレシエ、APPS)
ビタミンCの約100倍の浸透性があると言われています。水溶性と脂溶性の性質を併せ持つため、浸透率が高く、即効性がある「未来型のビタミンC誘導体」と言われています。ただし、安定性に欠けており、臨床における美白効果のデータがないため、厚生労働省に認可されていません。パルミチン酸アスコルビン酸3Na(アプレシエ=APPS)があります。

 

ビタミンC誘導体の種類

水溶性 脂溶性 水溶・脂溶性(新型)
リン酸アスコルビルマ
グネシウム
テトラヘキシルデカン酸
アスコルビル
パルミチン酸アスコルビン酸
3Na
リン酸アスコルビル
ナトリウム
パルミチン酸アスコルビル  
リン酸アスコルビル
アミノプロピル
アスコルビン酸グルコシド
脂肪酸
 
アスコルビン酸グルコシド ステアリン酸アスコルビル  
ビスグリセリルアスコルビン酸    

チェルCクリームはニキビにアプローチ

 ニキビ予防 :過剰に分泌されている皮脂を抑制する作用でニキビを出来にくくします。
 ニキビ改善 :活性酸素を除去し、ニキビの炎症を抑えます。
 ニキビの赤み抑制 :炎症の肌の赤みを抑えます。
 ニキビ痕の改善 :コラーゲンの生成を促進しニキビの痕を残りにくくします。
 色素沈着の改善 :ニキビ痕の色素沈着によるシミを薄くしてメラニン生成を抑制します。

成 分

<主な成分>
ビタミンC誘導体10%配合・プラセンタエキス・ビタミンA・ビタミンE・アミノ酸数種類

<全成分>
水、ビスグリセリルアスコルビン酸、BG、グリセリン、ホホバ種子油、ポリアクリルアミド、セテアリルアルコール、プラセンタエキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、クレマティスエキス、ヒバマタエキス、スギナエキス、グリチルリチン酸2K、ビタミンA油、トコフェロール、タウリン、リシンHCI、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCI、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ダイズ油、コーン油、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル(SE)、ポリソルベート60、水添ポリイソブテン、ラウレス-7、カプリリルグリコール


ニキビ痕の色素沈着にも効きますか?
A:個人差はありますが、使い続けることでニキビが出にくくなったり、ニキビ痕の赤みがうすくなります。
ビタミンCが持つ抗酸化やコラーゲン生成の作用でお肌が柔らかくふっくらしてお肌のトラブルにも作用します。


「チェルCローション」と「チェルCクリーム」はシリーズ商品となっていますが、両方使った方が良いのですか?どちらか1つでもかまいませんか?

A:両方併用してお使いいただくことをおススメします。どちらも水溶性のビタミンC誘導体配合ですが、ニキビの炎症をおさえニキビができにくくするお肌に導くための成分を配合して効果がでるように研究して作っております。ローションで肌の奥までビタミンCを浸透させ、高濃度ビタミンC10%配合クリームで保湿しながら相乗効果を発揮するのです。


保管方法と使う目安を教えてください。
A:高濃度ビタミンC配合なので、日光・蛍光灯の当たらない冷暗所での保管が望ましいです。「チェルCクリーム」の容器はエアレスになっているため、空気に触れて酸化(変色・結晶化)することがないようになっておりますが目安としては約2か月以内に使い切ることをおススメします。

「チェルCクリーム」は酸化によって壊れやすいビタミンCをグリセリンと構成させ誘導化することで安定性が高まり刺激の少ない保湿性にすぐれたクリームとなっています。
浸透に優れたビタミンC誘導体を10%と高配合しているため早めの効果も期待できます。
抗酸化作用・コラーゲン生成促進作用などのほか、抗菌作用もあるためニキビはもちろん、その他の肌トラブルにも有効で、なめらかで柔らかな肌に導きます。



 

 

 


PAGE TOP